化学物質過敏症!電子タバコや過熱式タバコもPM2.5が発生!

スポンサーリンク




海外では危険と規制されている電子タバコや過熱式タバコ、これらはあたかも安全であるかのように日本では売られております。

ただ、これらも私達のような化学物質過敏症患者からしたら、反応する劇物でタバコと同じです。

そしてタバコと同じ、PM2.5やPM物質が普通に発生します

https://twitter.com/BernardMDof5/status/1161387018934312960?s=20

実際に中国からPM2.5や北京オリンピックで大気の問題であれほど、大騒ぎをしていたのにタバコは普通、面白い話ですね。

実際、PM2.5とは汚染物質の大きさです、10、1.0など様々なPM物質があります。タバコはこれらをふんだんにばら撒いてます。

そしてそれは電子タバコや過熱式タバコも例外ではありません。

スポンサーリンク

 

 

JTのふざけたキャンペーンは問題がある。

よく電子タバコや過熱式タバコのキャンペーンを障害者の駐車場、トイレなどの近くでするのを目撃してツイートしている人がいます。

気管支も弱いのでそのせいで使えなかったと、いう声も珍しくないのです

JTはあたかも安全のようにPRして、普通のタバコからこれにしろと薦めてますが、普通にこれもかわりません。

東条

ちなみに過熱式タバコを吸われた際、確かに臭いはタバコよりマシかもしれないけど、蚊取り線香みたいな臭いに感じてね。

すぐさま具合が悪くなったよ。

やっぱ変わらないねえ。

 

タクシー内でプルームテック事故事例!

電子タバコは安全と思い込んで、タクシー内ですうケースがありました。

そしてそれによるタクシードライバーが意識を失って、事故を起こす事件がかつてありました。

タクシー運転手の健康チェックの問題と片付けてますが、車内で喫煙をされて化学物質過敏症で退職した事例もあります。プルームテックや電子タバコ、過熱式タバコは普通に有害です。

健康な人ですら意識を失うこともあるのです。

よく同病者の中には日本は世界の「人体実験場」になっていると、揶揄する人がいます。世界で禁じられているものが普通に使われているからです。

これらを知るとしゃれにならない、もしくは本当にそうではないかと考える人も出てくるのは不思議ではありませんよね。

東条

ただ化学物質にたいする、腰の重さは本当に異常だよねえ。国民全員が発症しないともう動かないのじゃないか?というぐらい、腰が重い。

 

電子タバコや過熱式タバコに対して正しい知識を広めよう!

安全だと思って吸っている。臭いが少ないと思って、マナーを意識して切り替えて吸っている人が多いです。

そのため、正しい知識や情報を啓発していく必要があるでしょう。

実際に吸っている人で信用できない人は、吸っている空間で空気を測定して見るといいでしょう。見る見る間に数値が上昇する事でしょう。

東条

PM2.5はアレルギーのキッカケになったり、アレルギーの度合いを上げたりもします。患っている人は禁煙を考える事をお勧めします。

 

まとめ

今回は普通にシンプルにヤバイ!それだけの事なので、書きようがありませんよね。

タバコ離れや、タバコに耐性がなくて受動喫煙症みたいな若者が増えて、焦って色々だまそうとやっているのでしょうけど、危険なものには変わりありません。

  1. 電子タバコや過熱式タバコは普通にPM物質を放出する。
  2. タクシー運転手が意識を失って事故を起こした事例がある。
  3. 化学物質過敏症が悪化して退職した事例もある。

私達のような同病者の中には、タバコに職と健康を奪われた人達が多くおります。そのため、タバコに対する思いは物凄いものがあります。

いないと思うけど、健康のためと切り替えた人がおられたら、全く無意味です。

以上、今回はここらで切り上げさせていただきます。

スポンサーリンク

 

 

この記事が誰かの役に立つと思ったらシェアをお願い致します!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東条 司

シックスクールをキッカケにシックハウス症候群を発症。そこから化学物質過敏症に悪化し、就職活動をするも持病が悪化し年々合併症が増えていき最終的に社労士が認定が困難とする四大傷病を全てコンプリートしてしまう。 見栄っ張りで正規雇用にこだわっていたが、諦めて在宅ワークで何とかしようとするが合併症が複雑に絡み合い思うように行かず、ついにギブアップ!最後は自分のペースで出来るアフィリエイトブログを複数活用やクラウドソーシングなどを活用して細々とそしてドカンと当るよう地道な努力を継続中です。 このノウハウなどをコンサルを介さない身につけ方などをシェアして行きたいと思ってます。 テーマは収入と持病の啓発!よろしくお願い致します。