収入元としてアフィリエイトブログ!テーマの話!注意点!

スポンサーリンク




化学物質過敏症の患者は国内におおよそ700万人いるとされています、そして香害のキーワードにより知名度はどんどん高くなっております。そのせいか、個人ブログへの問い合わせや相談などが出ているようです。

そう考えると今現在の検索数や需要が少なくて、ブログとして取り組む必要が見出せない。取り組んだとしても稼ぎにならないと言った、現実的な問題で殆どのブロガーは見向きもしていません。

実際、過去のブログでこれから検索需要は上がるという見込みもあって取り組む人が出て欲しいなと書かせていただきましたが、ここで注意点を記載します。

「化学物質過敏症を始め病気テーマ」「健康などヘルステーマ」ブログの注意点!

・グーグルアップデートにより検索順位のシステム変更による影響を受けやすい!

・グーグルアドセンスの規約に触れやすかったり、また処方薬に触れたりするとNGだったりするので収益化として難しいといった問題があります。

・デリケートな問題なのでライティング記事やテーマが難しい。

などなど、気軽に稼げるというジャンルではありません。そもそもアフィリエイト自体が楽に稼げるという代物ではありません。

ただ、インターネットビジネスと言う媒体において稼げる可能性のある世界が、クラウドソーシングとアフィリエイトビジネスと言う世界というだけです。

大抵、楽に稼げると思っていたり数ヶ月で月収数十万と言う言葉を鵜呑みにして、大抵辞めていく人の多い世界がアフィリエイトなんですね。勿論テーマ選びが間違っていないのと、ライティング方向が間違っていないのなら継続していれば見込みはあります。

今回は改めてアフィリエイトブログについて話して行きたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

グーグルアップデート!

グーグルアップデートは先月また行われたようです。そして浮き沈みによって、ツイッターでも歓喜と悲鳴が入り混じった感想がブロガーたちから見ることができます。

結構、頻繁にテコ入れされるとされているのが病気や健康ジャンルとされており、このジャンルはかなり不安定とされております

ただ香害でそうした検索・また相談が起きているように、取り組む人もしくは傍らや無料ドメインが勿体無いと、アドセンス抜きで取り組むのもありかと思います。

勿論、処方を触れない、処方薬について書かないなどすればグーグルアドセンス申請をして通らないという事はありません。

ただ他の方がいうように即日で申請が通るなど、そうしたものは期待できません。ただ、かなり審査に時間がかかります。そしてアドセンスの審査も厳しくなるので、内容なども気を使って書かないといけません。

原則として読んだ人の役に立つ記事を心がけないといけません。それさえ守れれば、時間はかかったとしても落ちる可能性は低いかと思います。

ただ、やはり落ちている人もいるのでその辺り、甘くはないでしょう。

 

溢れているテーマブログはコピーやオリジナルが薄いと落ちる可能性あり!

例えばよく聞くのが子育て系ジャンルです。ツイッターでコレは役に立つとオリジナルを盛り込んで作ったつもりでも、コピーライテンツを疑われたりリライトを疑われてしまい、審査に通らないというものを書き込んでいる人もいます

検索需要の多いジャンルは元々強豪ブロガーが多くひしめいています、そのため参入は難しいですし、オリジナルと思ったものでも既に書かれている内容や方向性の話である場合が多いのです。

グーグルのエンジニアは世界でも随一の頭脳を持つエンジニア達が揃っています、それらが構築したシステムがオリジナルのものを見つけてしまうため、どんなに自己体験を盛り込んで書いたとしても似たようなものを過去記事で見つけてしまえばコピーやリライトと見なされるのです。

そのため、人気ジャンルや大人気とされる検索数が大きいジャンルの方が検索数と月間PV数を見込めると思い取り組みたくなりますが、検索順位がまず強豪で固まっているので上がるのは至難の技です。そしてグーグルアドセンスにて審査が辛くなります。

これらのものから、大抵のブロガーは中程度で丁度いい競合相手が少ない、そして需要と検索需要がそこそこあるジャンルに切り込みます。

 

もしくは本当に特化したオリジナルジャンルを開拓します。

 

イラストがかければ強いし離婚したいテーマも増えている。

イラストがかけて、コアなファンがいればそれだけで強いです。

また離婚したいからブログで稼ごうとして、色々書いている人もいます。しかし今後増えてくるので、恐らくアドセンスを通らないブログも出てくる事でしょう。

最近本当に増えてきて、ツイッターでもフォロワーを増やしてSNSからの流入を増やそうとする人も多くいます、勿論正攻法ですし見ると頑張っているなあと思いながら見ています。

よくある月収数十万の報告。

まずグーグルのアドセンスだけで稼いでいるブログはまず少ないです。大抵月収うん十万とか報告しているものはアマゾンのアソシエイトやアフィリエイトの仲介、有名どころだともしもアフィリエイトなどを使って商品紹介をあわせて行って合算してのものとなります。

グーグルアドセンスは沢山の人が来て見てくれても広告をクリックしてくれないと収益が発生しません、そのため見られていても広告がクリックされなければ意味がありません。

なので大抵は色々な収入手段をあわせて、合算してのものの場合が多いです。

ただ化学物質過敏症の場合、商品紹介はかなり難しいものがあります。何故なら商品体験が少ないので、リアルのあるレビューが書きにくいというのがあります。何故なら使えるものが少ないですからね。

  1. ブログにあたり稼ぎ方を考える必要があります。

    ベテランブロガーに言わせれば強みや興味のあるものを生かすというのは、意味が無いみたいに言います。ただ特殊性がある以上、通常の人とは違った工夫が必要です。

  2. 大抵半年、数ヶ月だけで稼げました!という人はその裏で半端内ほどの下積みをしている。

    何故かブロガーは成功しかいいません、とひろきんさんがいつだかの動画で言ってます。まあコンサルが泥臭い部分を出したら楽して稼ぎたい人は逃げますよね(笑)正直、化学物質過敏症で、楽に稼げるわけが無いのは皆さんが承知していると思います。

    実際こちらも広告のクリック自体は発生しておりますが、受取額に届くまでは至っておりません。ただ試行錯誤しながら取り組んでおります。

  3. どちらにせよ、最終的に複数ブログを掛け持ちする形になる。

    クラウドソーシングで稼ぐとしたらどうしても添削者など、チーム内で登用されるレベルにならないと厳しいものがあります。勿論ライティング以外にスキルがあれば稼げる案件はそれなりにあるので、スキルや実技を身につけるのはありかと思います。

    WEBライティングはやはり限界があり、そして添削者に見出してもらうには素人の書いた文章を構成して添削してブログの雰囲気に合わせてアップできるまでに仕上げられる腕を持つ必要があります。

一般でも稼ぐのは簡単な話ではありません、勿論最低限はかせげるでしょう。ただ、化学物質過敏症などそれらの難病はその最低限がそもそも高いハードルになるんですね。キャリアがあれば別ですがそれも無いなら、本当に手探りのハードモードです。

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

働く場所を自分で作るのは容易ではありません、本当に難しい話です。恐らくこれは難病を持つ人全員に関る永遠の課題みたいなものでしょう。

障害年金では未成年発病者では援助無しでは自活できませんし、生活保護以外の道はありませんが、保護でも困窮するでしょう。

そのため在宅ワークなどするにしても問題から、焼け石に水程度のものとなるでしょう。ただ生保の場合その焼け石でもあるのと無いのとでは別です。

またクラウドソーシングの場合ケースワーカー判断もあるので、就労控除になれば控除の範囲が大きいです。ただ前例の無い働き方、新しい働き方になるのでこの部分担当者や上長判断に分かれてくるかと思います。

東条

役所で就労不能と見なされている場合、就労控除扱いになる可能性は大きいです。

ただアフィリエイトの場合は恐らく就労控除になった前例を聞かないので、難しいと思います。

それでは在宅の収入源、アフィリエイトについてまとめます。

  1. テーマブログは選ばないとグーグルアドセンスに採用されません。
  2. グーグルアドセンスにはNGテーマがあります。
  3. グーグルアドセンスに採用されたから必ず稼げるという物ではありません。
  4. 大抵PV数で月収数十万と上がってる目安は複数の稼ぎ方で合算してる場合があります。

10万PVがあったからと言え、みんながクリックしてくれるわけじゃないので売上が出るわけじゃないので、売上が出るという訳じゃないんですね。

また友人や家族にクリックをお願いしたり、自分でクリックをしたりするのもNGで場合によりブラックリストに載ることもあります。グーグルアドセンスほどクリックの単価がいいものは無いので、アカウントを失ったら諦めるしかありません。せこい手や抜け道を探そうとしないほうがいいでしょう。

そのためPV数を原則増やすのがクリックを増やすためのポイントであり、それだけでは弱いので平行してアフィリエイトやアマゾンアソシエイトで商品紹介といったあわせ技をするんですね。

とりあえず、何にしても稼ぐのは難しいものがありますね。

最後までお読み下さりありがとうございました、この記事が皆様のお役に立ちますように。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

この記事が誰かの役に立つと思ったらシェアをお願い致します!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東条 司

シックスクールをキッカケにシックハウス症候群を発症。そこから化学物質過敏症に悪化し、就職活動をするも持病が悪化し年々合併症が増えていき最終的に社労士が認定が困難とする四大傷病を全てコンプリートしてしまう。 見栄っ張りで正規雇用にこだわっていたが、諦めて在宅ワークで何とかしようとするが合併症が複雑に絡み合い思うように行かず、ついにギブアップ!最後は自分のペースで出来るアフィリエイトブログを複数活用やクラウドソーシングなどを活用して細々とそしてドカンと当るよう地道な努力を継続中です。 このノウハウなどをコンサルを介さない身につけ方などをシェアして行きたいと思ってます。 テーマは収入と持病の啓発!よろしくお願い致します。